真の健康を創造する~いにしえの湯治と先端医療の融合~

 

 

 

 

 日本人にとって温泉は特別な存在です。古くから温泉には病を癒す力があると考えられ、日本人の心の拠り所となってきました。現代においても、西洋医学で病気が治らない場合に、温泉を活用した湯治に救いを求める方は大勢いらっしゃいます。このように何となく健康に良い、と信じられてきた温泉の効能・効果が、近年科学的に検証されるようになってきました。

 温泉の医学的作用には、物理作用、化学作用、生体調整作用があります。江の島アイランドスパの天然温泉は、ナトリウム塩化物強塩泉という泉質で、海水の約2倍のナトリウム濃度を誇ります。このナトリウムが皮膚表面を膜のように覆うことで、物理作用としての温熱・保温に非常に優れた効果を発揮します。このためナトリウム塩化物強塩泉は別名「熱の湯」と呼ばれ、一般的に免疫力を高める効果があることに加えて、関節リウマチや変形性関節症など、筋骨格系の痛みに対して効果が高いことが知られています。また、えのすぱでも人気の高い炭酸泉は、化学作用としての末梢血管拡張作用が強く、微小循環の改善効果が高いことわかっています。これにより、高血圧や小動脈閉塞、微少循環障害などが良い適応となり、炭酸泉は別名「心臓の湯」ともいわれます。更に、温泉の持つ心理的な効果について、様々な心理指標を用いた調査が行われ、温泉療法にはリラクセーション効果があることはもちろん、抑うつ的傾向を改善する効果があることなどが実証されています。ストレス社会と揶揄される現代を生きる私たちにとって、心身のリフレッシュのため「積極的休養」を取ることはとても大切です。日本古来からの健康の智慧・温泉を活用した生活習慣は、この「積極的休養」を実現する、時代に即したライフスタイルといえるでしょう。

 さて、江の島アイランドスパ本館一階に位置する江の島弁天クリニックでは、スパと提携し、天然温泉などを活用した包括的な取り組みを行っています。当クリニックのコンセプトは、ボディ・マインド・スピリット三位一体の調和を図り、病気でお悩みの方には決してあきらめない医療を、健康でお過ごしの方には、未病を制し健康寿命を増進させる医療を提供することです。そのために、未病をいち早く見つけ出し対処する様々な先進的な検査・治療を取り入れつつも、温泉療法をはじめとした種々の補完代替医療を融合させて診療にあたっています。ボディ・マインド・スピリット三位一体の健康観は、WHO憲章における健康の定義・改正案にもみることができますが、こうしたホリスティックな生命観は、物質至上主義を抜け出し、真の豊かさを追究すべき現代には必須の概念といえましょう。

 現在、ややもすると「臓器別医療」「木を見て森を見ず」になりがちな西洋医学を補う形で、全体性を重んじる東洋医学や様々な補完代替医療が臨床の現場で用いられるようになってきました。それぞれの補完治療が、ボディ・マインド・スピリットのどこに作用するかによって分類する方法がありますが、前述の温泉療法や自然環境を利用した気候療法は、これら三位一体に作用すると考えられており、いずれもホリスティックな療法といえます。豊かな自然に恵まれた癒しの地・江の島の内部に位置する当クリニックでは、江の島アイランドスパと連動した5つの療法(温泉・運動・食事・手技・気候療法)の処方を行い、各々の自然治癒力を最大限に高めることを目指しています。遠方の方には提携宿泊施設をご利用頂くことも可能ですので、ぜひ気軽にお越し頂き、いにしえの湯治と先端医療の融合、真にホリスティックな医療をご体験下さい。

江の島弁天クリニック院長 松村浩道 写真

江の島アイランドスパ・ホリスティッククラブ顧問医師
医療法人社団藍風会 江の島弁天クリニック院長
松村浩道

 

スパ施設を活用し、クリニックと連携された最先端プログラムが受けられる会員制クラブ。
様々な先進的な検査・治療を取り入れつつも、温泉療法をはじめとした種々の補完代替医療を融合させて診療にあたっています。


 

tel:0466290688