江の島アイランドスパ

認定施設を利用した温泉療養の医療費控除について

医療費控除の対象

温泉利用型健康増進施設として厚生労働大臣認定を受けた施設(以下「認定施設」といいます)で、一定の利用が行われた場合、施設までの往復交通費および施設利用料金が、所得税の医療費控除の対象となっております。

この制度は

1.温泉が脳血管障害、糖尿病、高血圧などの生活習慣病に一定の効果があり、生活習慣病対策の一環として温泉療養の普及を図る。

2.認定施設は認定要件に照らして、健康づくり、疾病の予防等に対応できる体制を整えており、疾病対策として望ましい利用促進を図る、などを目的としたものです。

※詳しくは、「医療費控除申請をご希望のお客様へ」をご覧ください。

江の島アイランドスパは「温泉利用型健康増進施設」の認定を受けておりますので、要件を満たしている場合には、施設の利用料金、指導、施設までの往復交通費について、所得税の医療費控除の対象となりますので、ぜひご活用下さい。

厚生労働大臣認定

温泉利用型健康増進施設とは

温泉利用型健康増進施設とは、厚生労働省が定める一定の基準を満たし、温泉を利用した健康づくりを図ることができる施設のことをいいます。厚生労働省から認定された施設であることの証明として、それぞれの施設にはマークが掲出されていますので安心してご利用いただけます。
認定施設を利用して温泉療養を行い、かつ要件を満たしている場合には、施設の利用料金、施設までの往復交通費について、所得税の医療費控除を受けることができます。

温泉利用指導者とは

温泉医学、温熱生理・治療学等の基礎的な知識に立脚し、温泉利用型健康増進施設の利用者が、温泉の持つ保健的機能を応用した健康増進及び疾病予防のための温泉利用を安全かつ適切に実施できるように指導するとともに、医師の指示に基づき温泉療養を目的として同施設を利用する者に対し、適切な援助等を行うことのできる指導者です。

厚生労働大臣認定温泉利用型健康増進施設の認定要件として温泉利用指導者の配置が義務づけられています

●医師が作成した温泉療養指示書に従って入浴指導を行ないます。
●安全管理や応急処置、生活指導全般を行ないます。

えのすぱメルマガ会員登録Spa女メルマガ会員登録えのすぱ施設の利用料金が医療費控除の対象にえのすぱ おすすめの入浴法江美のおしゃべりブログ Spa女季節ごとのイベント情報「マンスリーインフォメーション」
えのすぱタイムス ENOSPA TIMES人気ブランド水着レンタルホリスティックEnoshimaセミナー ENOSPA facebook ENOSPA 360°パノラマツアー えのすぱ採用情報